【最新盗難手口】スマートキーの弱点を突く「リレーアタック」が流行!簡単に盗まれ過ぎ…対策方法は○○を使うだけ!

スマートキーが導入されている車は簡単に盗まれるんです。

あなたは日頃、車を使っているでしょうか?

最近の車種の多くはドアを自動で解錠できるスマートキーが導入されていますよね。

引用:ヴォクシーのスマートキー紛失について

すごく便利な機能なのですが…実はスマートキーには致命的な弱点があり、簡単に盗まれてしまうのです。

2017年5月13日付けの日本経済新聞で最新盗難手口として「リレーアタック」が紹介されています。

車のドアを自動解錠できるスマートキーの弱点を突いた車の盗難が起きていることが13日、捜査関係者や防犯関連会社への取材で分かった。犯人グループは車から離れた運転者に近づき、キーが発する微弱な電波を特殊な装置で受信し、車まで中継してカギを開けることから「リレーアタック」と呼ばれている。警察当局は新たな自動車盗の手口の可能性があるとみている。

引用:スマートキーの弱点突く車盗難 微弱電波中継し解錠

もっと分かりやすく理解するため、1つの動画を元に手口を確認しましょう。

 

とあるショッピングモールに1台の高級車がやってきます。

普通に駐車場に止めて…

スマートキーでロックします。

ロックしたことを確認してショッピングモールへと向かいます。

その様子を見ていた1人の怪しげな男性…(窃盗犯A)

カバンの中に隠している装置のスイッチを入れて、男性に近づきます。

緑色が車の持ち主で、赤色が窃盗犯グループの1人(窃盗犯A)です。

機械はカバンの中に隠しているので、この時点では何ら不自然な点はありません。(近くを歩いているだけです)

しかしながら、この後…衝撃の展開が…(動画あり)

次ページへ続きます

関連記事