【多摩動物公園】飼育員だけど質問ある?→何故か恋愛相談が…→回答が「さすが!」と話題に。

伝説のイベント「飼育員と繋がる掲示板」

多摩動物公園に足を運んだことはありますか?

東京都日野市にある1955年に開園し、320種類を超える動物たちが飼育されている動物園ですが、実は動物以外にも魅力が満載の動物園なのです。今もなお、ネット上で語り継がれている伝説のイベントは2015年4月に開催された「飼育員と繋がる掲示板」です。

17歳の女性から「大好きだった元彼と別れて2年経つのですが、まだ忘れられません。どうしたらいいですか?」という質問に対する飼育員の回答はコチラ。

別れとはいつ何度繰り返しても辛いものですよね。 動物園の動物たちも種によってペアの絆が強いものがいますが、様々な事情によってペアを解消させることがあります。 ここでニホンイヌワシのペアの例を。

ニホンイヌワシもペアの絆が強いとされる動物の1つですが、10年以上連れそったペアのオスが高齢化してしまったため、やむをえずペアを解消したことがありました。 その後、まだ元気なメスにペア相手を新しく与えても、長年うまくいきませんでした。 そこで、元ペアのオスはメスとわけたとはいえ、まだ近くにいたため、そのオスを声もきこえない姿も見えない場所にうつしたところ、なんとその当日からメスは新しいペア相手とうまくいくようになりました。

もしあなたが元彼さんを忘れたいのならば、イヌワシのように連絡もとれないくらい離れてみるのも手かもしれません。

(縁起のいい動物)担当より

動物のことに限った内容では無く、人生相談までも受け付けてくれるという神対応…しかも動物たちの事例を元にわかりやすく回答してくれています。飼育員さんの愛ある回答が話題となり、このツイートは2000RTに迫る勢いで拡散されていきました。

まだまだあります!他の質問を見てみましょう。

次ページへ続きます

関連記事