イカの活け締め動画は、なぜ批判対象となったのか?

今、ネット上で炎上している「イカを締める動画」

今、ネット上で話題を集めている1つの動画があります。

海洋系の学校に在学している男子高校生の動画なのですが、一部から「動物虐待」という批判の声が上がっています。

 

内容はごく一般的に行われる「活け締め」という処理の様子を写したものです。

 

釣った魚介類の鮮度を保って美味しく食べるための処理でして、これをやらないと急激に鮮度が落ちてしまうんですよね。

なぜ、動画に批判が集まったのか?

今回の動画に寄せられた批判の声をピックアップしてみると…

・動物虐待だ かわいそう…
・なんか、イカの拷問みたいだ
・イカの気持ちになってください

という声があります。

「生き物の命をいただく」という現象を目の当たりにして、驚いた方が多いようです。

一方で、学生を擁護する声も挙げられています。

・これが動物虐待なわけがない。ちゃんと、新鮮で美味しく食べれるように締めているのに
・(批判しているユーザーは)魚介や肉を食った事ないのか?殺さないでどうやって食べるの?
・かわいそうっていうならもう二度とイカを食べるな

様々な意見が集まっている中で、本人はこのようなツイートをしています。

自分たちが食べているものは、何もない所から出てくるものではありませんよね。食卓に並ぶ前にどのような処理がされているか、一度考えてみた方が良いでしょう。

 

ちなみに、鯛の神経抜きをご存知ですか?

なかなか衝撃的です(動画あり)

次ページへ続きます

関連記事