ビットコインの信頼性を担保する3つの仕組み。

※注意※
この記事は筆者がビットコインについて調べた内容をシェアする記事です。「ビットコインへの投資が儲かる!」とか「この企業がお勧め!」といった特定の方向への誘導を目的とした記事ではありません。

※第1弾の記事はコチラ※

→ 【ビットコインの本質に迫る】仮想通貨と電子マネーの違いとは何か?

※第2弾の記事はコチラ※

→ なぜビットコインが人気なのか?これまでの歴史から読み解く

 

今回は第3弾としてビットコインの仕組みについてお伝えします。

ビットコインの仕組み

これまでの記事でも触れてきた通り、ビットコインが注目を集め、支持されてきた理由は「優れた仕組み(システム)」にあります。システムが優れているからこそ、通貨としての信用を得ています。

(なお、この記事では詳しい技術をお伝えすると言うよりも、仕組みの概念を理解することを目的としてお伝えしていきます。)

ごく簡単に仕組みを解説すると、ビットコインは下記の条件が揃っていることで成り立っています。

1:ビットコインでの取引は全ての履歴が記録されている。

2:取引履歴は暗号化されている。

3:変更、改ざんが不可能となっている。

4:正しい取引かどうかを確認して、不正が発生しないように通貨が発行される。

これらの条件を実現するために導入されている仕組みが「ブロックチェーン」・「プルーフオブワークシステム」・「マイニング」という3つの仕組みです。

 

それぞれの仕組みを解説します。

次ページへ続きます

関連記事