手を出す前に知りたい!ビットコインのメリット・デメリット

 

ビットコインのデメリット

デメリット①:システムがハッキングされる可能性

ビットコインが通貨として価値が認められているのは「システムが優れているから」です。万が一、不正な取引ができるようになってしまった場合、通貨としての価値は一気に失われてしまうでしょう。(ハッキングされる確率はどの程度あるのかは不明ですが…)

デメリット②:取引所のリスク

記憶に新しいのは2014年2月に起こった「マウントゴックス社の破綻」です。

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

MTGOXのマルク・カルプレス社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。消失したのは顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコイン。金額にして「114億円程度」としているが、他の取引所の直近の取引価格(1ビットコイン=550ドル前後)で計算すると、470億円前後になる。

引用:日本経済新聞「マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失」

ビットコインと取引所の関係は、通貨と両替所の関係に近いものがあります。空港に到着して両替所が1か所閉鎖されたことで両替ができなくなった時に「通貨として使えない」とはならないということでしょう。

ビットコインの取引所は多数ありますが、駆け出しの会社が多く信用性を見極めることが重要であると言えるでしょう。

デメリット③:国の法整備が追いついていない

国ごとにビットコインの扱いがバラバラであることは、大きなデメリットの1つと言えるでしょう。(ウィキペディア:各国におけるビットコインの法的な扱い

日本においては仮想通貨は貨幣の機能を持つとされ、法改正が行われていますが、税法上的には「モノ」扱いとなっています。そのため、ビットコインで利益を得た時には金の取引と同じように譲渡所得として確定申告することが大方の意見となっています。(今後、変わる可能性は大いにあります。)

 

メリット・デメリットを3つずつ上げましたが、もう1つ大きな特徴があります。それは「値動きが激しい」ことです。(メリットでもあり、デメリットでもある部分です。)

引用:ビットコイン ⁄ 円 – 日足チャート

上記は1日ごとのチャートですが最安値が3月26日に107,145円で、最高値が5月25日の382,689円となっています。1日で10万円以上動くこともあるので、安定資産として持っておくのはリスクが高いと言えます。

少なくとも、安易な気持ちで手を出すべきではないでしょう。

次回はビットコインとの付き合い方に迫ります。

関連記事