仮想通貨投資での3つの詐欺手法を解説します。騙されないように注意しましょう!

 

1:新仮想通貨系

これは話が簡単です。

「ビットコインの時代は終わる。これからは○○コインだ!」と言ってお金を集めるタイプのものです。

特に要注意なのは新しい仮想通貨を「大々的なプロモーションで販売してるもの」でしょう。

 

今の日本の法律では仮想通貨はモノとして扱われているので顧客からの入金は預り金ではなく売上として計上されてしまいます。入金に対して税金がかかるので、その時点で通貨としての価値が目減りしていることになります。

仮に全員が出金を依頼した場合、間違いないく破綻するロジックとなっているのです。

 

見分けるポイントは大きく2つあります。

 

1つは「ブロックチェーン」技術が使用されているかどうかです。

仮想通貨の信用はシステムによって担保されいるので、担保されるだけのシステムを組んでいるのかがポイントとなります。

もう1つは他の通貨とともに取引所で扱われているか?です。

すぐに現金に変えることができるかという点はもちろんのこと他の通貨に変えることも確認しておきましょう。専用の取引所で、その通貨しか扱えないサービスの場合非常にリスクが高いです。(怪しすぎです。)

 

この2点を満たしていない通貨を取り扱うことは絶対にやめておきましょう。

「2:ビットコイン投資配当金系」とは?

次ページへ続きます

関連記事